読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく使いそうなLLのインストール

MBPRに乗り換え後に使う環境構築メモ その1

よく使いそうなLLを、ぐちゃぐちゃな環境にならずに綺麗に管理するための第一歩! まずは言語のバージョンを綺麗に管理するためのメモ。

インストール(Linux向け)

Ubuntuの場合に必要そうなパッケージ

pyenvだかのREADMEに書いてある。

$ sudo apt-get install libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

pyenv のインストール

$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc.local
$ exec $SHELL

plenv のインストール

$ git clone git://github.com/tokuhirom/plenv.git ~/.plenv
$ git clone git://github.com/tokuhirom/Perl-Build.git ~/.plenv/plugins/perl-build/
$ echo 'export PATH="$HOME/.plenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(plenv init -)"' >> ~/.zshrc.local
$ exec $SHELL

rbenv のインストール

$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc.local
$ exec $SHELL

~/.zshrc.local は、適宜読み換える。

インストール(Mac向け)

面倒なので全部まとめてw

$ brew install pyenv plenv rbenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(pyenv init - zsh)"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'export PATH="$HOME/.plenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(plenv init - zsh)"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc.local
$ echo 'eval "$(rbenv init - zsh)"' >> ~/.zshrc.local
$ exec $SHELL

zshを使っている場合、eval "$(pyenv init -)" だとエラーが出るので eval "$(pyenv init - zsh)" にする。

てきとうに簡単な使い方

xx = ['py', 'pl', 'rb'] として、使いたい言語で読み換える。

インストール可能なバージョン一覧を表示する

$ xxenv install -l

バージョン x.x.x をインストールする

$ xxenv install x.x.x
$ xxenv rehash

インストール済みのバージョンを表示する
'*' がついているバージョンが現在適用されている

$ xxenv versions

(出力例)

$ pyenv versions
  system
* 2.7.5 (set by /home/mihyaeru/.pyenv/version)

バージョン x.x.x に切り替える

$ xxenv global x.x.x

どの言語でも同じような使い方ができるので、とてもわかりやすくて良いです。
今回はここまでで。

参考