読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Antigenを導入してみた

Antigenという、zshプラグインマネージャを導入してみた。 VimNeoBundleとかと似たような感じでzshプラグインが管理できる。

導入

antigen自体のリポジトリはどこに置いても特に問題ないが、 デフォルトではプラグインリポジトリ~/.antigen/repos以下に配置されるため、 それに合わせてantigen本体を~/.antigenに置くようにした。

git clone https://github.com/zsh-users/antigen.git ~/.antigen

プラグイン管理用のファイルを分けるために.zshrcに下記を記述。 (チェックが面倒くらいから~/dotfiles/.zshrc.antigenは存在している前提)

[ -f ~/.antigen/antigen.zsh ] && source ~/dotfiles/.zshrc.antigen

antigenの設定を書く~/dotfiles/.zshrc.antigenにはこんな感じで記述した。 antigen.zshを読み込んでからantigen applyするまでの間にantigen bundle hogeすれば良さそう。

source ~/.antigen/antigen.zsh

# antigen bundle git    # on にするとなんかやばいからoffにしてる
antigen bundle brew
antigen bundle zsh-users/zsh-syntax-highlighting
antigen bundle zsh-users/zsh-completions

antigen apply

これで、次回.zshrcが読み込まれたときに、使用するプラグインで必要なものがダウンロードされて使用可能になる。

以上、めもっす。